ペンションはんもっく
ペット同伴宿泊・利用規約



・・・ワンちゃん連れのお客様へ・・・

『ペンションはんもっく』は
ペットと泊まれる宿ですが
ペット宿泊専門の宿ではありません


ワンちゃん連れ以外のお客様が泊まる比率の方が多いため、ご予約の前に
必ず下記利用規約をご熟読くださいますようお願いいたします。


当宿はペット宿泊専門の宿ではありません。そのため、繁忙期(GW、お盆、年末・年始等)は
動物が苦手な他のお客様への配慮として、ペット同伴宿泊をお断り(もしくは頭数制限)をして
おりますのでご理解願います。※上記期間につきましては年度毎に異なりますのでお問合せください。


※トラブル・苦情が相次ぎ、残念ながら大型犬の受入は中止させていただくこととなりました。




・ペット宿泊料金・

 宿にあるペット用設備
 ・足拭きタオル
 ・フン回収BOX


 ご持参いただく物
 ・ごはん
 ・食器
 ・粘着シート
 ・必要な方はケージ類


小・中型犬1匹1泊
大型犬
1500円(税込:1620円)
受け入れ不可
 (大型犬の定義:当宿の基準を適用させていただきます)

 ※誠に申し訳ございませんが混雑期には1件で複数匹の予約は
 お断りさせていただいております。宿泊の可否はお問合せください。

ワンちゃんも泊まれる【条件】って?
ペット同伴宿泊・利用規約

  ■狂犬病予防接種済みであること

  ■ヒート中ではないこと(♀はオムツ着用の場合は可)


 ■ワンちゃんの為のシートや抜け毛を掃除する粘着テープ等、ご持参ください。

 ■館内に入れるのは、普段から室内で飼われているワンちゃんだけです。
  ※外飼いのワンちゃんの客室での同伴宿泊はお断りいたしております。

 ■トイレのシツケは最低限の条件です。(汚させないのは飼い主さんのマナーです)
  ※館内でマーキングしてしまう心配がある場合、館内出入の際抱っこでお願いします。

 ■食事時間内外を問わず『プレイルーム』(食堂)には入れません。

 ■公共のお風呂(展望岩風呂・館内風呂)には入れないでください。


 ■無駄吠えのひどい時は、飼い主さんが責任を持って静かにさせてください。←重要!

 ■食事時間や入浴時間にお部屋にワンちゃんを留守番させると鳴いてしまうという場合は、
  館外、もしくはお車の中で待たせておいてください。

 
↑食事時間中等お部屋にワンちゃんだけ残し、鳴き続けて困るという事例が時々あります。
  特に入浴時間中に鳴き続けられた場合には飼い主さんへのご注意ができませんので不安が
  ある方はワンちゃんだけでお部屋に残さないようにしてください。


 
■他にお客様がみえる時は館内廊下などでは走り回らせない等の配慮もお願いします。
  (※館内では、客室以外は全てリードをつけるか、抱っこしてあげてください)

 ■外を散歩させる時も他に人がいる場合にはリードを着用する等、動物が苦手な方への
  配慮をお願いします。


 
■館内・室内の破損・汚損が発生した時は、修理・清掃にかかる実費を請求させて
  いただきます。


利用規約以前の【あたりまえのマナー】
これは常識。というより、これができない人はワンちゃんを飼わない方がいいですよネ(-。-;)

  こんなことまで記載しなければいけないのは恥かしいことなんですが、外を散歩させる際
  ワンちゃんがフンをしても、後始末をしない
常識の無い飼い主さんがいます。
  
近隣施設からの苦情も出ていますので、このようなマナーも守れないようなお客さんは、
  
一切受け入れできません。山だから後始末しなくてもいいというものではありません。
  誰も見ていないと思っても他の施設の方は厳しい目でしっかりと見ています。


  【 追記 】〜散歩の際のお願い事項〜
  「はんもっく」は、他に6軒のペンションが建つ鈴蘭高原ペンション村の中にあります。
  また、その大半はペットの受入はしていないお宿さんです。
  ペット受入をしていないお宿さんからすると、自分の敷地内で糞尿をされたり庭に勝手に
  足を踏み入れられるのは気持ちのいいものではありません。散歩の際には許可なく他の
  お宿さんの  敷地内(お庭)には入らないようにしてあげてください。



『はんもっく』スタッフもワンちゃん好きばかりです。
だから犬好きの方の気持ちはとてもよくわかります。
ワンちゃんも家族の一員ですよね!?
でも誰もが皆、犬が好きな方ばかりとは限りません。
誰にでも苦手なものがあるように、犬が苦手な人もみえます。

『はんもっく』にお泊まりいただく、全てのお客様に、快く過ごして頂くためにも

上記内容は最低限、守っていただけるようお願いいたします。




【 番外編 】

“実例”で見る 
こんな困った事ありました...(-。-;
ex...
●ワンちゃんがお部屋で鳴いていても、そのまま放置して
他のお客様から苦情を言われる。

●館内でオシッコ(マーキング)をしても何も言われない。
↑そのまま放置で後始末をしない。。。


●他にお客様がみえるのにかかわらず館内廊下等で走り
回らせて遊ばせている。。。

●他の施設さんの敷地内にフンをしてそのまま始末しない
ペット受け入れをしていない施設の方はこういう状況に
非常に怒ってみえ苦情を言われてます.。当然ですよね・・


こういうマナーの悪い飼い主さんは全体から見ればわずかですが、
その一部の心無い飼い主さんのとった行動によって、ペット連れのお客様全てが
悪く見られますし、今後のペットの受け入れが、益々難しくなってしまいます。

・・・最悪の場合、ペットの受入全面禁止も考えなくてはなりません・・・
※トラブル・苦情が相次ぎ、残念ながら大型犬の受入は中止させていただくこととなりました。


・・全ては飼い主さんのマナーにかかっています・・


宿や他のお客さんがどう感じているのか
下記サイト参考になります。
宿利用者マナーとルール

トラベルマナー

「うちは大丈夫!」と思って見える方も、ぜひご覧ください。




上記内容をご熟読・ご理解いただいたうえ、同意していただける方のみ
ペット同伴宿泊をお受けいたします。尚、トラブル防止のため予約時に
利用規約について再三確認させていただきますことをご了承願います。

全て同意の上 宿泊予約を申し込む



セーラのお部屋Topへ ペットと泊れる宿ついて考える
・・深刻な現状・・

TOP 施設 展望風呂 工房 セーラ 見どころ 交通 宿泊 リンク 最新情報
ペットと行けるカフェ::営業期間5月〜11月 オープンカフェ(屋外)のみペット可 ※雨天時は利用不可 ・無料駐車場12台スペース有り